中から目線で見る2020/07/31 21:28

こんな言葉がある。みなさんどうでしょうか。それは、
「中から目線で見る」という言葉、考え方。
月刊「清流」(すべての女性に贈るこころマガジン)
生命誌研究館名誉館長中村桂子さんの言葉。
〜〜人間もまた生命の歴史の中にいるのに「人間は生物界の外側にいる」と思ってしまっている。生き物に優劣はなく、それぞれに生きている。・・・・「地球にやさしく」さらに言えば、この言葉は生物界を上から見た目線で、中から見たら「やさしくしていただかないと生きていけない」となる。中村さんはこれを「中から目線」と呼ぶ。「人間は上にいるのではない」「人間は生き物の中にいる」という感覚が必要だという。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://iv5h1.asablo.jp/blog/2020/07/31/9274012/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。